清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 第23節  2020.10.18 Sun 14:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • ヴァウド(72分)

試合終了

  • 0前半0
  • 1後半1
DAZN

1

  • 林 大地(85分)
ロゴ:サガン鳥栖

サガン鳥栖

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

31 GK 梅田 透吾
5 DF ヴァウド
22 DF ヘナト アウグスト
2 DF 立田 悠悟
3 MF ファン ソッコ
14 MF 後藤 優介
28 MF 西村 恭史
37 MF 鈴木 唯人
16 MF 西澤 健太
11 FW ジュニオール ドゥトラ
10 FW カルリーニョス ジュニオ

Substitutes

39 GK 大久保 択生
15 DF 金井 貢史
21 DF 奥井 諒
7 MF 六平 光成
17 MF 河井 陽介
40 MF 成岡 輝瑠
30 FW 金子 翔太

サガン鳥栖

Line-ups

18 GK 高丘 陽平
28 DF 森下 龍矢
2 DF 原 輝綺
38 DF 宮 大樹
30 MF 樋口 雄太
50 MF 梁 勇基
6 MF 内田 裕斗
4 MF 原川 力
9 FW チアゴ アウベス
19 FW 趙 東建
22 FW 小屋松 知哉

Substitutes

1 GK 守田 達弥
15 DF パク ジョンス
13 DF 小林 祐三
7 FW 金森 健志
33 FW 石井 快征
16 FW 林 大地
20 FW レンゾ ロペス

STATS

    45 90   90 45    
    0 2 2 シュート 15 8 7    
    9 11 20 GK 2 1 1    
    2 4 6 CK 7 2 5    
    3 8 11 直接FK 14 9 5    
    1 0 1 間接FK 1 1 0    
    1 0 1 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
奥井 諒 ← ファン ソッコ(46分)
河井 陽介 ← 鈴木 唯人(64分)
六平 光成 ← 後藤 優介(82分)
成岡 輝瑠 ← 西村 恭史(90+3分)
交代 (60分)チアゴ アウベス → 林 大地
(73分)梁 勇基 → 石井 快征
(73分)趙 東建 → レンゾ ロペス
(81分)小屋松 知哉 → 金森 健志
画像:イエローカード立田 悠悟(27分)
画像:イエローカード西村 恭史(52分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,487人 曇/弱風 19.5℃ 48% 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
永田 亨 上田 益也 山内 宏志 鈴木 規志 窪田 陽輔

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ピーター クラモフスキー監督

・守備の時、全員でコンパクトに連動していくこと

・もっとボールを早く動かしてコントロールしよう

・スペースへボールを運ぶことを意識しよう

サガン鳥栖
金明輝監督

・最後までやり続けること

・もっと声をかけあうこと

・ボールを奪った後のアクションを大切にすること

COACH COMMENT

ピーター クラモフスキー監督

選手たちが献身的に戦ってくれて、アディショナルタイムを含めて95分間、全てを出し尽くしてくれたと思う。

前半はナーバスなスタートになってしまった。相手にプレーをさせてしまって、ボールを持った時も簡単にボールを失ってしまい、自分たち自身で試合を難しくしてしまったと思う。相手に押し込まれて、守備をしなければいけない前半になってしまった。
後半は良いスタートが切れていたし、試合をコントロールすることもできていて、自分たちに流れが来ていたと思う。ゴールは自分たちが良い流れを持ったところから決めきることができたし、それに値するゴールだった。それまで良いディフェンスができていたと思っているが、終盤になって、ゴール前で密集したところから失点をしてしまったのを残念に思う。今日は勝ち点1を奪ったので、次の試合に向けて良い準備をしていきたい。

――前節と同じシステムで臨んだ理由は?

選手のコンディションや自分たちの形を考えて、また1週間で3試合目ということもあったのであまり形を変えたくないと思った。

――攻撃で物足りなさを感じたが?

今日の試合に関しては、ポゼッションでも、いつもほど出せていたわけではなかった。ただ、それは起こり得ること。同じシステムで戦った浦和戦は自分たちが試合を支配して戦えていたし、広島戦でも同じような形で戦ったが、そのなかで多くのチャンスを作れていたと思う。両試合とも、もっとゴールが入ってもおかしくない内容だった。ただ、今日は自分たちの攻撃があまり出せなかった。それでも守備では、鳥栖に簡単にチャンスを作らせることはなかったと思う。ボックスの中でしっかり戦うということは重要だと思うし、攻撃をするためにも良い守備をしなければいけない。

――得点に入る前の後半の飲水タイムでどんなことを話したか?

今は流れが来ているので、ここを有効に使えるようにという話をした。そして、勝ち点が取れるように集中するように言った。流れが来ていたので、ここで自分たちにチャンスが来たら決めきれるようにすること、そして自分たちが集中を切らさずに自分たちのサッカーをやるように指示した。

――次の試合までの2週間で監督がやりたいことは?

重要なことは守備でも攻撃でも良くしていくことだと思う。長い間離脱していた選手もいるし、今まで試合に出続けて疲れている選手もいる。フィジカルのレベルもバラバラなので、そのバランスを見ながらやっていきたい。

――先制したあと、逃げ切るのか、さらにもう1点を奪いに行くのか、どのような指示をしたか?

自分のメンタリティとしては2点目を取りに行くということ。自分たちの流れで、相手も何人か前に仕掛けて追いつこうとしていた。上手く対応していたと思うが、ルーズボールが相手にこぼれてしまって、そこから決められてしまった。そこは残念だったと思う。

――試合によって波があると思うが、監督はどう思うか?

今日は戦っていかなければいけない日だったし、自分たちのサッカーが良かったわけではない。こういったことはサッカーでは起こりうることだと思う。重要なのは、自分たちのサッカーを伸ばしていくことと同時に、粘り強さをつけていくことだと思う。粘り強さと自分たちのサッカーの両方できるようになれば、自分たちは力強いチームになっていけると思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:ヴァウド

ヴァウド

得点は西澤(健太)選手の良いキックのおかげ。1週間をかけて練習したことを試合で出すことができたので、非常に良かったと思うし、嬉しい。

チームとしてシンプルなプレーをしていて、守備で大きな問題はなかったと思う。ただ攻撃面では、いつものように攻撃ができなかったし、監督が目指そうとしているサッカーができなかった。今日に関しては、鳥栖の方が良かったと思う。それに加えて、最終ラインが4枚だったので、プレッシャーに行ってもボールが取れなかった。相手にワンツーを何度もやられていたので、引いて我慢強く守らなければいけないところもあった。また、自分たちがボールを持った時に簡単なミスもあったのも原因の一つだと思う。
だが、どんな形でも勝ち点3を取りたかった。そこは成長しなければいけない。ただ、勝ち点を取ることも大事なこと。0を1にすることができて、連敗をストップすることができた。今日の勝ち点1を大切にしていきたい。これから強くなって、成長して今度は勝ち点3を取れるようにみんなで頑張っていきたい。
画像:梅田 透吾

梅田 透吾

結果として、最後に失点して勝ち切れなかったのは悔しい。守備陣として我慢することはできていたが、結果的に失点をしてしまったので、満足できるパフォーマンスではなかったというのが正直なところ。ただ今日に限って言えば、守備でどういう対応をするのかは見えたと思う。今まで先制点を取られて難しい試合が続いていたが、今回は先制点をとって試合を進められたということもプラスなことだと思う。

この勝ち点1を、これから大きなものにしていかなければいけない。このまま勝ち点を落とさず、勝ち点3を積み重ねていくことがベストなので、そこに向かってチーム一丸となってやっていきたい。