清水エスパルスロゴ

ニュース

【イベントレポート】碓井健平選手がホームタウン次世代プロジェクト『エスパルスドリーム教室』に講師として参加

2016年11月24日

【イベントレポート】碓井健平選手がホームタウン次世代プロジェクト『エスパルスドリーム教室』に講師として参加

今回の講師は碓井選手

清水エスパルスの碓井健平選手が11月24日(木)、静岡市立清水入江小学校にて行われた『エスパルスドリーム教室』に講師として参加しました。

今回は6年生の児童136名を対象に、「みはじ」を学習する算数の授業を実施しました。

生徒からの拍手で迎えられた碓井選手。簡単な自己紹介の後には「プロの技」として遠投を披露。体育館の2階席にまで投げられた強くて速いボールに、子供たちもびっくりです。

授業に入り、まずは碓井選手が蹴ったシュートの速度を、スピードガンを利用して計測しました。計測された速度から、PKの場合にシュートがゴールに到達するまでの時間を「みはじ」計算で導きだしました。勢いよく放たれたシュートに児童たちからは驚きの声も。また、試合中におけるボール支配率など、サッカーを通じて算数を学習しました。

学習の後は、碓井選手指導のもと、ラダーを使ったトレーニングを体験。やさしいステップから始まり、だんだんと難しくなっていくトレーニングにも児童たちは一生懸命に取り組んでいました。

最後に碓井選手は、「嫌いなこともあるかもしれないけれど、遊びも勉強もスポーツも、一生懸命頑張りましょう。なんでも頑張ることに意味があります。」と子供たちにメッセージを送り、サイン色紙とエスパルスドリーム教室オリジナルファイルを贈呈し、エスパルスドリーム教室は終了しました。


静岡市立清水入江小学校のみなさま、関係者のみなさま、誠にありがとうございました。

今後も『エスパルスドリーム教室』では選手、ユース・Jrユーススタッフ、クラブ職員が講師として参加します。
 
------------------------------------
エスパルスドリーム教室の詳細はこちら
http://www.s-pulse.co.jp/dream_lesson/index/
------------------------------------
シュートの瞬間を観察しました

シュートの瞬間を観察しました

計算問題にチャレンジ!

計算問題にチャレンジ!

ラダーも体験しました

ラダーも体験しました

ハイタッチでお見送りです

ハイタッチでお見送りです