清水エスパルスロゴ

ニュース

【イベントレポート】飯田貴敬選手がホームタウン次世代プロジェクト『エスパルスドリーム教室』に講師として参加

【イベントレポート】飯田貴敬選手がホームタウン次世代プロジェクト『エスパルスドリーム教室』に講師として参加
飯田選手からメッセージ ©S-PULSE
清水エスパルスの飯田貴敬選手が10月18日(水)、静岡市立大谷小学校にて行われた『エスパルスドリーム教室』に講師として参加しました。

今回は同校6年生の児童54人が対象。授業ではまず「みはじ」を学習し、飯田選手が蹴ったシュートの速度をスピードガンで使って計測しました。計測された速度から、PKの場合にシュートがゴールに達するまでのわずかな時間を「みはじ」計算で導きだしました。勢いよく放たれたシュートには児童たちからは驚きの声も。また試合中におけるボール支配率など、サッカーを通じて算数を学習しました。

学習の後は、飯田選手指導のもと、ラダーを使ったトレーニングを体験。やさしいステップから始まり、だんだんと難しくなっていくトレーニングにも児童たちは一生懸命に取り組んでいました。

最後に飯田選手から「小さなころからプロサッカー選手になることが夢でした。今、夢がかなってサッカーをしていることが幸せです。十年後皆さんの誰かがJリーガーになり一緒にサッカーが出来るようにお互い頑張りましょう!」とメッセージを贈り、各クラスにサイン色紙とクリアファイルを贈呈しました。また、クラスごと記念撮影も行い、大谷小学校でのエスパルスドリーム教室は終了しました。

静岡市立大谷小学校のみなさま、関係者の皆さま、飯田選手、誠にありがとうございました。

今後も『エスパルスドリーム教室』では選手・Jrユース、クラブ職員が講師として参加します。
シュート速度を計測
シュート速度を計測 ©S-PULSE
授業の様子
授業の様子 ©S-PULSE
トレーニングをレクチャー!
トレーニングをレクチャー! ©S-PULSE
サイン色紙、クリアファイルを贈呈
サイン色紙、クリアファイルを贈呈 ©S-PULSE
記念写真①
記念写真① ©S-PULSE
記念写真②
記念写真② ©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース