清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【湘南戦プレビュー】~中断前アイスタでのリーグ最終戦を、3試合ぶりの勝利で飾りたい~

【湘南戦プレビュー】~中断前アイスタでのリーグ最終戦を、3試合ぶりの勝利で飾りたい~
©S-PULSE

今節3日前、エスパルスはルヴァンカップで磐田とのダービーに臨んだ。58分にカウンターから先制点を許すが、長谷川悠の今季公式戦初先発、初ゴールで1点を返す。しかし、その直後に失点をしてしまいダービーで痛すぎる敗戦を喫してしまった。選手たちのショックは少なくない。エスパルスはリーグ戦でも現在2連敗中。前節は7連敗と苦しむチームを相手に黒星が付いてしまった。ここから立ち上がり、次のリーグ戦に、いかに切り替えて戦うかというところになる。

湘南のリーグ前節は、仙台と対戦。立ち上がり3分、左サイドからのクロスを野津田岳人に決められて、いきなりビハインドを負う展開になった。さらに27分にはPKを献上してしまう大ピンチとなったが、石原直樹のキックを秋元陽太が読み切ってセーブ。ここは追加点を許さない。しかし、それも長くは続かなかった。34分には、再びPKを取られてしまう。今度は西村拓真に決められ、リードは2点に広がってしまった。しかし後半に立て直した湘南。今度は逆にPKを得ると、イ ジョンヒョプが落ち着いて決めて1点差に迫る。そこから猛攻を仕掛けるも、仙台の必死のディフェンスにあと1点を奪うことができず、逆にアディショナルタイムで3点目を決められ力尽きた。

ともに勝ち点15で並ぶ両者。現在2連敗中であることも同じ。中断期間までリーグ戦も残り2試合、ここで連敗を止めたいとは、どちらのチームも考えることだろう。よって、難しい戦いになることは間違いない。

その中で、エスパルスにとっては失点が止まらないことが気がかりだ。公式戦全てを見ても、無失点試合はリーグでは開幕戦の鹿島戦と、第6節の磐田戦、ルヴァンカップではグループリーグ第1節の磐田戦のみ。それ以外の試合では毎試合失点をしている。しかも、失点の内容はクロスからの失点が多い。特にリーグ前節の鳥栖戦の2失点目、ルヴァンカップのダービーの2失点目のように、何でもないところからの失点が続いている。ここは、ヤン ヨンソン監督も、
クロスの対応はしている
と強調しているように、非公開練習で念入りに取り組んでいる。その成果を見せなければいけない。

ただ、攻撃陣には明るい話題がある。練習中、ダイビングヘッドの際に左膝を地面にぶつけ負傷していたクリスランが、ルヴァンカップの後半から出場。45分の出場ながら、軽快な動きを見せている。エスパルスのFW登録選手では6人目となる長谷川悠がゴールを決めるなど、攻撃陣が良いライバル競争をしている中で、次は彼のゴールにも期待だ。クリスランは、第3節札幌戦以来のゴールはないが、復帰戦となった試合では、シュートチャンスを2本迎え、
ゴールに近づいている感じはする。たとえチャンスが少ない中でも、1回で決められるようにしていきたい
と本人も意欲十分で今節に挑む。エスパルスは、前第11節柏戦で13試合ぶりにホームゲームでの勝利を手にした。今節はそれ以来のホームでの試合になる。中断前最後のアイスタで勝利して、ホーム2連勝としたいところだ。



 公式モバイルサイトでは、ヤン ヨンソン監督と選手の試合前日コメントを公開!! 


**********

2018明治安田生命J1リーグ 第14節   
5月12日(土)14:00キックオフ 

清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ
@IAIスタジアム日本平

<放送>
DAZN/テレビ静岡
エフエムしみず

公式モバイルサイトでの『LIVEテキスト速報』でもお楽しみいただけます。 

**********

●エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら>>

ニュース一覧

あなたにオススメのニュース