清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【梅田透吾選手 来季新加入内定記者会見】会見レポート

【梅田透吾選手 来季新加入内定記者会見】会見レポート
©S-PULSE

本日、クラブハウスにてエスパルスユース梅田透吾選手の来季トップチームへの新加入内定記者会見を行いました。
コメントは以下の通りです。


■梅田透吾選手
清水エスパルスユースのGK梅田透吾です。トップ昇格にあたって1年目から試合に出たいという気持ちが強いので、その目標が達成できるよう日々努力して頑張っていきたいと思います。


<Q.入団が決まった今の気持ちは?>
夢が叶ってプロになれることを嬉しく思います。

<Q.自分の持ち味は?>
クロス対応がストロングだと思っています。

<Q.トップの練習にも何度か参加しているが、トップチームの印象は?>
本当にお手本になるプレーばかりで、良い経験をさせてもらいました。先輩方を見て成長していきたいと思います。

<Q.(トップ練習参加で)どのようなところに刺激を受けているか?>
ユースの選手とはオンでもピッチ外でも全て違う意識で取り組んでいるので、見習わなくてはいけないと思いました。

<Q.今エスパルスはユース出身の選手が活躍しているが、その先輩についてはどのように思っているか?>
北川航也先輩は日本代表にも選ばれているので、自分も代表に食い込んでいけるようにしなくてはいけないと思っています。

<Q.プロへの意気込みは?>
ユースとは違い世界になり、そこでどう生き残っていくかが大事になってくると思うので、まずは生き残っていくことを考えて、そこから試合に出ることを目標に頑張っていきたいと思います。
(そのためには)自分の中の意識を変えることが必要。サッカーにかける時間、思いもオフにどう準備していくか、練習中どのような意識で取り組みかの気持ちの部分が自分の一番の課題だと思います。

<Q.ユースでまだ試合が残っているが、意気込みは?>
まずは怪我をしっかり治して、最後1試合でも試合に出たいと思います。

<Q.サッカーを始めた歳とGKを始めた歳、GKの魅力は?>
サッカーは幼稚園の6歳の頃から始めて、GKは小学校4年生から始めました。自分は小さい頃から(ゴールを)決めるより、止める方が好きだったのでそこが一番の魅力だと思います。

<Q.これまでで一番印象に残っている試合は?>
(高校)1年生に出たプレミアリーグ最終戦の市立船橋戦が、初めてプレミアリーグに出た試合だったので印象に残っています。

<Q.同じ学年で一人だけトップ昇格した思いは特別あるか?>
(トップに)上がりたかった気持ちは全員持っていたと思うので、その気持ちを背負って一人でプロになるので、責任を持ってやらなくてはいけいないと思っています。

フォトセッション①
フォトセッション① ©S-PULSE
フォトセッション②(平岡宏章ユース監督)
フォトセッション②(平岡宏章ユース監督) ©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース